Contemporary Dancers JAPAN

小山衣美

Emi Oyama

photo by Jamie Allen
生年月日Birthday 1983/11/21
出身地Birthplace 広島県
身長Height 155cm
体重Weight 41kg
スリーサイズMeasurements B: 75cm W: 61cm H: 81cm
靴のサイズShoe size 23cm
得意ジャンルSpeciality コンテンポラリーダンス/バレエベースのダンス/繊細・透明感・ダーク・シャープ・シルエット/日常を眺めているような作風
photo by Manaho Kaneko
photo by Tessi
photo by Hideto Maezawa

MOVIE

BIOGRAPHY

8歳から18歳まで新体操を、18歳からジャズダンス、バレエ、コンテンポラリーダンスを始める。ダンス歴19年。これまでに中村しんじ、川野眞子、矢内原美邦、ヤオ・シュウフェン、ピチェ・クランチェン、奥野美和、ハラサオリの作品に出演。2010年以降、振付家・映像作家・音楽家を中心に舞台作品を発表する Nibroll にメインダンサーとして国内、海外の公演に多数出演している。他にも美術家とのコラボレーション、映像作品、写真作品などの出演、新体操選手への表現指導も行っている。【受賞歴】第20回 ヨコハマコンペティション シニア部門 第3位(2005)【資格】全米ヨガアライアンスRYT200取得

She started RG at the age of  8, and started jazz dance, ballet and contemporary dance at the age of 18. 19 years of dance experience. Worked with Shinji Nakamura, Mako Kawano, Mikuni Yanaihara, Yao Shu-Fen, Pichet Klunchun, Miwa Okuno and Saori Hala. She has participated in the dance company named Nibroll since 2010. She also collaborates with artists, filmmakers and photographers. She was placed 3rd in the Senior Solo Dancer Division of the Yokohama Competition in 2005.

 

主な出演作品

舞台

Nibroll「汚れた手」(2021

APAF ExhibitionASIA/N/ESS/ES」演出:京極朋彦、イッサ・マナロ・ロペス(東京芸術祭2019

N///K「風と毛穴 器官と音」演出:奥野美和(2019

lal banshees「本当は、知らない」演出:横山彰乃(2019

フェスティバル/トーキョー’18MI(X)G」演出:ピチェ・クランチェン(2018

ハラサオリ「Da Dad Dada」(2018

フェスティバル/トーキョー’17TOKY TOKI SARU」演出:ピチェ・クランチェン(2017

世紀當代舞團「Timeless」演出:ヤオ・シュウフェン(2017

Nibroll「世界は縮んでしまってある事実だけが残る」(瀬戸内国際芸術祭2016

Nibroll 国内・海外ツアー「リアルリアリティ」(2015~2016

Nibroll 国内・海外ツアー「see/saw」(2012~2014

矢内原美邦ダンス公演「桜の園 いちご新聞から」(2010

映像

miletUntil I DieMV2020

AbemaTVオリジナルドラマ「#声だけ天使」第1話(2018

JINTAKAChoo Choo SHITAINMV2016

映画「ピンクとグレー」監督:行定勲(2016

TVCMLINE PLAY ~公園編~」(2014

 

主な振付作品

舞台

Dance in ASIA 2019Adagio -short ver.-」振付・出演(2019

オーキス新体操クラブ発表会「Spring petals」振付(2019

小山衣美ソロダンス公演「Adagio」振付・出演(2016

一覧に戻る